大栄運輸

日本の物流 | 広島の運送なら広島の大栄運輸へ

日本の物流

物流イメージ日本国内の運送事情は航空機や船よりも道路交通網を駆使したトラックでの運送であることをご存知でしょうか。
国内での物流の割合は自動車を使った物流が58%を占め次に海運が続きます。
トラックでのそれは国土が狭いことも事情の一つとしてあげられるのですが、戦後の経済の高度成長期に日本国内の要所要所に工場地帯が作られそちらを拠点として高速道路交通網が整備され物流がトラックなどの自動車を中心とする物流が主流となり運送業が発達したことも事情の一つとしてあげられます。

広島県はご存知のとおり瀬戸内の海運を使った物流が栄えたり戦時中は呉を中心とする造船業が発達した都市として有名ですが、やはりあまり広くない日本国内の物流を支えるのは陸運、つまり自動車による物流なのです。

海外から輸入した物資や資源を広島の港から工場地帯へ運び製品化する、もしくは航空機で輸入された食材などを空港で受け取り卸売りに渡りそれが私たちの食卓に届くまでにはトラックによる運送が不可欠なのです。

逆に輸出の場合を考えて見ましょう。
今、中国の富裕層が好んで買い求めるという日本ブランドの食材なども第一次生産者の手から中国に届くまでに必ずトラックなどによる運送が不可欠です。
あの震災時にも空港が閉鎖され港が使えない状況においてはなんといってもトラックによる陸運が頼みの綱でした。
このようにどれ一つを欠いても日本の物流はどこかで流れが止まってしまい人々の生活に支障をきたすのですが特に陸運は個々の家庭へ物流をストップしてしまう一番の要因となりうるのです。

  • お問い合わせはこちら

    お問い合わせ
  • グループ会社

    アビリティ